保険代理店システムの継続性とセキュリティリスク

マルチブラウザ対応

近年インターネットエクスプローラーのサポート終了に象徴されるように、主流なブラウザのバージョンアップ頻度は多く、そのめまぐるしいIT環境の変化に、いち早く・確実に対応する事が必要不可欠となっています。
保険代理店システム「i-Fit」は主流なブラウザに対応する仕組みになっていますので、IT環境の変化に左右される事なく安心してお使いいただけます。

マルチ動作環境

WebシステムはOS・アプリケーションサーバー・データベースなどミドルウエアが無ければ動きません。
しかし殆どのパッケージシステムはこのOS・ミドルウエアが固定されているのが現状です。
親会社のミドルウエアポリシーでミドルウエアが指定されていたり、保守切れで近い将来使用不可能になるリスクがあります。
保険代理店システム「i-Fit」は主流なOS・ミドルウエアに対応する仕組みになっていますので、ミドルウエアに左右される事なく安心してお使いいただけます。
また「i-Fit」ではミドルウエアはオープンソース版を推奨しており、導入コスト・ランニングコストが抑えられます。

セキュリティ

Webアプリケーションやソフトウェア自体に全くセキュリティ対策が施されていないということはありません。そのため通常は、よほどのことがない限り、問題が起きることはありません。しかし悪質なサイバー犯罪を企てる攻撃者は、JAVAのアプリケーションの脆弱性を利用し意図的にプログラムを書き換え画面表示の改ざんや情報漏洩を起こします。
保険代理店システム「i-Fit」は、ブラウザのアドレス欄に表示される、URLを解析して画面表示の改ざんや情報漏洩の脆弱性リスクなどを先端技術によってセキュリティリスクを軽減しています。

保険代理店システム開発時におけるリスク

開発リスクの排除

保険代理店システム「i-Fit」は開発の全工程を保険代理店業務に精通した、当社技術者が日本国内で製造することにより、海外開発のカントリーリスク、また外注による伝達分散開発リスクよる認識相違リスクを排除しました。これにより、従来開発における最大の問題を解決しました。

保険業界の変化に迅速対応

今後も、保険業法改正や契約データ変更など、変化の多い保険業界では、急を要する改修に対応できるシステムが必要とされています。
保険代理店システム「i-Fit」は先端技術開発によって、開発工程の可視化や影響範囲の特定を実現させた事により、クオリティーの高いシステムを迅速かつ確実に対応します。

長時間対応・保守サービス改善

保険代理店システム「i-Fit」は先端技術開発により、システム改修による影響範囲の特定とドキュメントの整合性を実現し、度重なる改修によって起こりえるシステムのテスト漏れリスクやレガシー化を防ぎます。不要になった機能を取外す事など、常に必要な機能のみで構築された陳腐化しないシステムをブラウザや動作環境にも左右される事なく長期間安心してお使いいただけます。
また、システム内の関連性が可視化された事により、担当者の変更などにより発生しがちな、保守サービスの品質低下も大幅に改善されました。

オンラインで打ち合わせできます

  • パソコン画面を共有し資料を見ながらのご説明が可能です
  • 実際にお会いしている感覚でお話できます
  • 電話/メール/チャットもご利用いただけます