保険システムよもやまばなし(第69回)
「最近ハマっているモノ」

今回は趣向をガラッと変えて、私が最近特に興味を持っているものについてお
伝えしたいと思います。

【スマートウオッチ】 
一つ目は「スマートウオッチ」です。手首に装着するウェアラブルデバイスで、
スマートフォンと連携して、健康管理やフィットネストラッキング、通知の受
信など、いろいろな機能を有しています。私が使っているモデルはそれほど高
価なものではありませんが、心拍数や血中酸素レベル、歩行距離の計測機能や
電話・メール等の受信通知、電子マネー決済機能など備えています。一度の充
電で約一週間使用できるため、日常生活において非常に便利に活用しています。

特に気に入ったのは、「睡眠スコア」機能でした。睡眠の質を、睡眠時間や浅
い睡眠と深い睡眠の割合、心拍数の変動を通じてスコアリングしてくれます。
当初、高得点を目指そうと十分な睡眠時間の確保に励みました。夜は十時前に
就寝し、朝は七時以降起床を心掛けるという生活をして、高得点を得ることが
出来ました。しかし、自分にとって不自然で窮屈な生活になっていく感じがし
始めて、今は自分の体調に合わせた自分なりの睡眠サイクルに戻しました。

それにしても心拍数や血中酸素レベルなど寝ている間も計測し続けてくれます
ので、健康管理の面で画期的と思います。スマートウオッチの中には心電図や
心拍数計測機能で医療機器として承認されたものもあります。最近では、こう
いったウェアラブルデバイスを活用した「スマートウオッチ外来」を開設する
病院も出て来ています。

ウェアラブルデバイスの性能は日々進化し、機器の小型化も進んでいます。既
に指にはめることが出来るリング型(スマートリング)も市場に登場していま
す。いずれは、体内に埋め込むタイプの「インプランタブルデバイス」の実用
化、普及が進むと考えられます。テクノロジーの進化がもたらす未来が非常に
楽しみですし、上手く活用していきたいと願っています。

【EMS機器】
もうひとつは「EMS機器:Electrical Muscle Stimulation 神経筋電気刺
激療法機器」です。微量の電気によって筋肉を刺激して動かし、筋力トレーニ
ングのような効果が期待できる機器、要は楽して筋肉強化を目指す機器です。
年齢と共に筋肉量が減少し、それが原因で体のさまざまな不調が現れ始めまし
た。この流れを少しでも改善しようと辿り着いたのが、この「EMS機器」の
活用でした。いざ使い始めて驚いたのが、如何にも効いている感じの筋肉への
刺激でした。使用を始めてからまだそれほど時間は経っていませんが、筋肉が
増強している実感があります。この機器もスマホと連携して活用履歴など確認
することが出来ます。

こういった機器を上手に使いこなし、健康管理に役立てていきたいと考えてい
ます。しかし、私たちの生活がますますIoT機器やスマホ中心になっていく中
で、テクノロジーの適切な利用バランスを見つけることがこれからの大きな課
題なのかもしれません。

K System Planning
島田洋之